新着情報

お知らせ

お知らせ

装道オリジナル和装小物セット| 2013/01/04 16:33 | お知らせ |

2013年春季学院説明会| 2013/01/04 16:16 | お知らせ |

2013年マナー検定講習会| 2012/12/17 15:35 | お知らせ |

新入生・編入生募集!| 2012/09/07 10:05 | お知らせ |

学院説明会 大阪| 2012/08/06 11:31 | お知らせ |

きっかけレッスン2012年夏| 2012/04/27 09:18 | お知らせ |

平成24年装道新年の集い(関西)| 2012/02/29 15:29 | お知らせ |

創立50周年記念| 2012/02/06 13:52 | お知らせ |

創立50周年記念

きっかけレッスン2012年春| 2011/10/20 17:30 | お知らせ |

マナー検定初級資格取得講座!| 2011/09/30 10:41 | お知らせ |

超短期きっかけレッスン| 2011/08/01 10:19 | お知らせ |

学院説明会2011秋| 2011/07/25 10:41 | お知らせ |

学院説明会2011年秋季

ゆかたでおでかけしませんか?2011| 2011/06/03 12:15 | お知らせ |

ゆかたの着装いたします。

産経新聞掲載| 2009/02/04 15:43 | お知らせ |

山中典士学長 坂東眞理子先生と対談

詳しく見る

産経新聞掲載| 2009/01/23 11:53 | お知らせ |

山中典士学長コラム掲載

平成21年1月 国会議員 きもの姿で登院| 2009/01/05 17:05 | お知らせ |

新春の国会開会式にて超党派の議員が和装振興をアピール

詳しく見る

フランス語婦人会| 2008/12/18 17:47 | お知らせ |

装道文化講演ときものショー

詳しく見る

第36回全日本きもの装いコンテスト・世界大会| 2008/04/20 10:00 | お知らせ |

平成20年4月20日開催予定
昨年10月~12月に、コンテスト地区大会は、全国6会場(福島県、東京都、長野県、大阪府、鳥取県、宮崎県)で約1200名の出場者で競われ、開催されました。各会場ともに大盛況に終了し、各地で感動を起こしました。
今度は、各地区大会で上位入賞されました入賞者の出場による世界大会が、4月20日(日)東京渋谷のNHKホールで開催されます。ぜひたくさんの方のご来場をお待ちしております。
お問い合わせは(社)全日本きものコンサルタント協会(TEL03-3219-3015)まで。

きもの通学率 ナント 限りなく100%に・・・!| 2008/03/15 21:02 | お知らせ |

装道礼法きもの学院では、できる限り「きもの通学」をオススメしています。それは、単に教室だけの勉強ではなく、日常にきものを装うことで本当に自分自身の身につくからです、そして、それが伝統となり、今では、入学してからのほんのわずかの時間をのぞいて、ほとんどの生徒さんが、「きもの通学」をしています。これこそ装道の目指している「きものある日常」です。そして、そんなレベルまで知らず知らずのうちにレベルアップできるのが装道です。

通常国会開会式に和装で登院お手伝い| 2008/01/18 08:22 | お知らせ |

平成20年1月18日、召集された通常国会開会式に「和装振興議員連盟」(森喜朗名誉会長/笹川堯会長)を中心とした国会議員の先生方が、きもの姿で華やかに登院されました。
今年は83名の衆参両院議員の先生方が、きものを着装されました。
この行事は森名誉会長の呼びかけで、平成11年以来続けられているもので、今年で10年目となります。毎年、新春の恒例行事としてテレビや新聞などにも取り上げられ、話題となっています。
事務局を務めます(社)全日本きものコンサルタント協会の会員及び、装道礼法きもの学院の講師陣が、今年も議員の先生方のきもの着装にお手伝いをさせていただきました。

詳しく見る

装道きもの文化使節団100カ国歴訪達成!| 2007/08/31 14:21 | お知らせ |

平成19年8月20日~28日の9日間、第31回「装道礼法きもの文化使節団」はイタリア、バチカン市国、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリアを訪問し、1970年・第1回の香港・マカオ訪問以来、今回の訪問でついに世界100ヵ国歴訪を達成という金字塔を打ち立てました。
今回は総勢158名のきもの姿の使節団で、イタリア(ミラノ、ローマ)・バチカン・スイス(チューリッヒ)・リヒテンシュタイン(ファドゥーツ)・オーストリア(インスブルック、ウィーン)の5カ国7都市を訪問しました。

バチカン市国では、1985年にヨハネパウロⅡ世法王様に続き、今回はベネディクト16世法王様に謁見を果たしました。そしてインスブルックでは「装道講演ときものショー」を開催し、約650名の観客に感動を与えることができました。その他、各国の日本大使への表敬訪問、またオーストリア大統領顧問アルフォンヌ・クロス博士への表敬訪問など、各国で多大な民間外交の成果をあげることができました。

第35回全日本きもの装いコンテスト・世界大会| 2007/04/01 08:42 | お知らせ |

平成19年4月1日、満開の桜花のもと、第35回「日本の心と美の祭典 / 全日本きもの装いコンテスト・世界大会」が東京都渋谷のNHKホールにて開催されました。全国7区地区で行われた地区大会から含めると、延べ30ヵ国以上からの約1500名の出場者が参加。厳しい審査を経て、総勢220名の出場者が世界大会に集いました。全員が舞台上で一人できものから帯結びまで仕上げ、早い方で3分~4分ですべて装っていました。

詳しく見る

今なぜ装道文化なのか| 2000/03/16 13:30 | お知らせ |

(1) 心の荒廃や教育の荒廃が嘆かれる現代に、和装を装道に高めるとき、優しさ・ゆとり・落ちつき・礼儀・道徳観、更に、日本を愛する心や、誇りと自信などが回復します。
(2) 着装の技術は基本を修得すれば、早く美しく上達しますが、全ての人の願望である、真の美しい魅力ある人を目指す「装道」は、優雅な着こなしと共に、丁寧な挨拶・明るい笑顔・美しい立振舞・優しい言葉遣い・麗しい品性などを「装道礼法」によって身につけることができ、内面の美しさを生涯輝かせます。
(3) 洋装は着る前にデザインを完成させる衣服ですから、ファッションやアクセサリーなどにより、外面に美を求める衣服ですが、和装は装う時に装う人が白らデザインを完成させます。ですから、和服を美しく装う装道は芸術であり、然も品性や感性や教養が高められます。
(4) 和装を着付けの段階に留めず、技・術から礼・道の「装道」に高めようと心がける時、人間の理想とも言うべき愛・美・礼・和の4徳が顕現し、究極の美しい生き方が修得できます。
(5) 装道の生活は、右脳の機能が活発となり、情緒や智慧や創造力を発揮させます。
(6) 装道の生活は、健康で、美しく、心豊かで、仲良く、生き甲斐のある、幸福な人生を創造します。
(7) 子供の情操と躾の教育が困難と言われる時代に、装道を身につけた母の優しさは、情操豊かな子供を育てられます。又、幼児期における母のやさしい言動や、きもの姿は、幼児の右脳(イメージ脳)に入り、回路を通って潜在意識に刻まれます。潜在意識は「三児の魂百まで」と言われるように、幼児の生涯に好影響を与えます。
(8) 装道は、恥を知る文化です。人間の生き方や、心・言・装・行が、本来あるべき理想から外れた時、装道の感性が恥じらいの心を生み、美しい理想の人生に導きます。
(9) 高齢化社会の中で、次代に装道文化を伝える仕事は、定年制の無い、生涯の生き甲斐となります。
(10) 和装には昔から、衿を正す、折り目正しく、躾をする、慎ましく、袖振り合うも多生の縁など「礼」を表現する言葉がある如く、自然や周囲の人に尊敬と感謝の装道の礼の心を培い、親子の断絶や離婚や現代社会の混乱と行き詰まりを打開させます。
(11) 和装の生活は、人間と自然の一体感を促し、更にきものは親から子へ孫へと三代は引き継ぐことができ、使い捨てず最後まで活用でき、自然破壊や環境汚染など地球を危機から守ります。
(12) 装道は、宇宙の法則である陽と陰の異なる2つの「気」、即ち、役割り、天分に則り、男女の特質(役割り)を認め「生す霊の原理」により、愛と新価値を創造し、幸福な人生を永続することができます。
(13) 和装は、国際交流に最もふさわしい、心が通う衣服なのです。
(14) 21世紀に日本が世界に貢献すべき役割は、装道の精神文化の智慧を伝える事です。
(15) 全人類の共通行為である、衣服の装いを、技から術へ、礼から道へ高め、共通の美意識として、愛・美・礼・和をその都度反復すれば、人類共通の潜在意識の働きで、理想の世界が顕現します。

美容8点| 2000/02/07 14:13 | お知らせ |

美容8点

 装道礼法きもの学院 大阪校|大阪市 北区 梅田